初めての英語スピーキングとは言え、文法的知識があるかどうかでアプローチは余りに違う。

中学、高校時代に英文法はどのくらい学習して来ているでしょうか? また、ご自身では理屈に強い、または好きと思われていますか?

   理屈OKな初めての学習者の英語スピーキング学習法

まず大事な事は間違いを恐れない事。
理屈に強い人ほど間違いを恐れて話す傾向があります。そして、完璧な文を完成させてから 口にしようと思います。これは伸びを著しくSTOPさせる学習法です。
喋りながら次の言葉を考える。
英語は大事な事から、意味的に真ん中から語順が並んでいます。 まず疑問文は捨て置きましょう。冠詞のaやtheもしばらく捨て置きましょう。 3人称単数Sなんてしばらく忘れてていいです。時制も忘れてていいです。 まずは、「誰が、どうした、誰と、どこで、いつ、どうして、どのように」を順番に口にする練習、 それも、先頭から「言ってから次を考える」練習を積んで下さい。
注意すべきこと
理屈OK系の学習者さんはリスニングを苦手とする方が多いです。リスニングは積み重ねですので、 スピーキングに偏らず、リスニングもコツコツと学習を進めましょう。

理屈OKな初めての学習者は喋り捲る事が今は一番大事です。 間違いを恐れず思った順に声に出す練習が一番大事。オンライン英会話 イングリッシュチャンネル が値段的には一番手頃。ただ、グループレッスンだと 間違い恥ずかしがっちゃったり、つい他の人に喋る役を譲っちゃいそう…みたいな性格の人はオンライン英会話の「e英会話」 の方がマンツーマンなので向いてるかも知れません。どちらも凄い安さですよ? それでも嫌なら、我がサイト、コジたんの英会話学習を発声しながら地道に頑張るしかないですね。(^-^)

   理屈から逃げたい初めての学習者の英語スピーキング学習法

最初に覚悟すべきこと
理屈から逃げると言う事は、定型フレーズの入れ替え作業のみで英語を話す事になります。 その数は無限(-_-;)。そしてブランクを空けるとすっかり忘れてしまう事です。 しかし、旅行英会話などのシチュエーションが予期出来るようなケースに強く、定型フレーズを 暗記する事によりリスニングにも強いのも事実です。目的次第ですがこちらの学習法に関しては 中級までしかこのサイトではフォローしないものとします。
例文暗記が主な勉強
ひたすら例文を覚え、シチュエーションにより単語を入れ替える学習法を目指します。 自分で使う可能性があると思ったものを中心に覚えましょう。単語を入れ替えれば使うフレーズに なるのであれば入れ替え作業を行ってから覚えましょう。
注意すべきこと
上でも少し触れましたが、ブランクを空けないようにしましょう。 この系統の学習者さんは暗記だけにそのスラスラ出る英語は凄くカッコいいです。 また、リスニングは理屈系学習者さんより早く伸びます。 そんな学習者さんを目指してコツコツ頑張りましょう。

  理屈抜きにスピーキング・・・(汗) これを大人が習得するのは かなり難しいのではと考えております。これをなんとか解消しようとした教材が あの有名な「スピードラーニング英語」 になるわけです。試用されている私の生徒さんにもお借りして少々試聴してみました。 なるほど・・特に「旅先で英語でコミュニケーションを取りたい!」的な方には 良いかもしれません。知ってるフレーズが飛び込んでくる!そして自分の耳慣れた言葉が 頭に過ぎる、そして突然英語が口からスラスラと・・・と言う寸法だと思います。
「自分の意見を述べる」と言う感じではないかも知れませんが、そもそも理屈が嫌いな方なので その点は問題ないのではと・・・(苦笑) ご検討の価値ありです。

   両タイプ学習者への補足

どちらのタイプの学習者さんも英単語は少しずつ蓄えていきましょう。 単語覚えは一番ストレスで時間の掛かる勉強です。 一度に覚えようとすると気持ちも萎えます。 少しずつ、少しずつ、自分で使いそうなものを覚えましょう。 (例えば当サイト管理者は日本語でも喋らない政治関係の単語なんて無視します)